CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
アルケミスト―夢を旅した少年
アルケミスト―夢を旅した少年 (JUGEMレビュー »)
パウロ コエーリョ, Paulo Coelho, 山川 紘矢, 山川 亜希子
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
RECENT COMMENTS
www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from all about noma chan. Make your own badge here.
ARCHIVES
PROFILE

-PRICELESS-
アユミ、トルコヘノミチ

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - |
ただいまわたし。

娘が兄と同じ幼稚園に通い始めました。

となると日中は母をひとやすみ。

ただいまわたし。

 

何をしてるか、

トマトを育ててます。

 

後はおいしいごはんを食べたり、

野に咲く花や草のことについて友達と話しながら、たまに

引っこ抜いて家に持って帰って植えてみたり。

田舎のおばあちゃんに一歩一歩歩みを進めています。

 

ガラガラから三輪車になり、コマ付自転車になり、

今コマをはずそうかな、って話をしたり。

今朝ツバメが家の廊下の階段を視察に来てました。

2羽でここで巣を作ろうか相談しているもよう。

どうやったら巣を作ってくれるかなぁとこどもたちと

話し合いました。

子どもたちと廊下を歩くときは静かに歩こう。と決まりました。

 

今年は巣つくってくれるかな。

すずめとつばめがこんがらがるお年頃です。

| 子育てdays | 10:51 | comments(1) |
人の好みはそう変わらない。
昔銀行だった建物に住んでます。
リノベーションして住んでます。
天井の細工が凝ってて
今日ピラティスの先生が来てくれて寝転がって、
天井見上げてなんだかすごいなーと思いました。
昔の職人さんは一つ一つの作業が職人技、そう「技」なんだなーと。

私も建築に関しては旦那さんと結婚してから意識を向けるようになったけど
今の新築ってなんで同じようなものばっかり建つんだろう。
一世一代の買い物ならもっと好きにしたらいいのに。
と思ってたけれど、
大量に材料を購入して同じような家を建てることで安く建つって
当たり前のことを学びました。
それゆえ、大工さんは組立作業が多いとのこと。
そしてほんとうの職人さんって言える人が
どんどん減っているってこと。
便利になれば、失うものあり。
ですね。

我が家、外から見たらつぶれた銀行
中に入るとシャキーンのこのギャップが気に入っています。
そういう場所が昔から好きでした。

イカナゴを白ごはんにのせてかっくらう、
ああ、無限に食べられそう。
と毎年思いながら今日もおもう。
春が来てるー。
| 子育てdays | 13:29 | comments(0) |
やーひさしぶりです。
パソコンを買いました。
本当にいろんな記憶をしまいこんだらなかなか引き出せない私にとって
ブログは唯一のその時々を思い出せるツールであり、
自分の今をしっかりとかみしめる場でもあるので
また再開できたらなあと思うのです。
携帯では文章を打つことに意識が半分持っていかれるので
キーボードで打つほうが好きです。

特に子育て真っ最中って、毎日生き抜いたー!!ってかんじで
ずっと走り続けてる感じなので、
子どもたちの成長とか
記録して、また特に娘が母になるときに、
参考にして、あ、お母さんもおんなじことで悩んでたんだなーとか
少しでも楽になってくれたらなぁと。

母親と2歳直前までしか一緒に居れなかった私にとって、
お母さんがいないと大変ねーといわれて、特に何も思わなかったけど
育児が始まった途端に、あー母親が居たらなあ、と初めて思ったかもしれない。
子育てのこと、周りの人はみんな自分の母親に相談してるから。
私はもっぱらインターネットで検索検索。あとは町の子育て支援してくださってる人に相談
といっても、相談にならないほどのつまらない相談ってやっぱり他人に相談できないから
身近な人とお茶したりして話してなんとなく前に進んだりするんだろうなー。
ということで、
せめて娘が母親になるまでは元気でいなくちゃ。と、思っているのです。
そして孫のお世話をして娘の応援をしてあげたいのです。
息子は3歳になりました。
3年一緒にいるけど、不思議な生き物だなーと思いながら一緒にいます。
今年春から何なら私が行きたいんですけどってほどの幼稚園に入園させます。
野外保育がメインの幼稚園
木に触れ森に触れ、泥んこになって、自然の中で育ってほしい
自分で考えて、自分で創りだす、そんな人になってほしい
にんげんだって動物だもん。
そんな想いです。
園庭開放日に遊びに行くと、園児が何なりと話しかけてきてくれます。
そこは子どもたちの世界。
こびとの世界に巨人がお邪魔した気分になります。
みんなが何なりと遊んでいます。
ずっと眺めていたくなる世界。
さてさて、そこでむすこはどのように成長していくのか楽しみでなりません。
続きはまた、ここに書きましょうね。

 
| 子育てdays | 17:57 | comments(4) |